ブログ

  • 鹿踊りのはじまり 朗読会
    2019年10月29日

    こんにちは!みなさん、朗読を楽しんでいらっしゃることと思います。私も毎日のように、みなさんと一緒に朗読に関わるなか、なんて贅沢バチが当たりそうだと思うこともあるくらい。朗読を通じて素敵な方々との出会い。素敵なさ時間をいただいています。本日も、その贅沢のひとつわたくしが、朗読させていただき、ライアーという、なんとも神秘的な音色を奏でる楽器とのコラボ奏者は、ライアーの先生をなさっている伊與部先生。会場は、石川邸。石川さんは、定期的におうちコンサートを催されていて、朗読は年に一度開催されています。宮沢賢治が大好きでいらっしゃるので、これまでも賢治作品ばかり。そして、石川さん宅はネコちゃんだらけ〓今日もシャムのペコちゃんがお出迎え^ ^そして、石川さんのおもてなしで、早くも満たされ舞台となる場所にはおはなしのなかの、”ぎんがぎがのすすき”のフレーズを思わせる、お飾りの すすき(本物)客席も整って、、、(みなさんと近い!汗)お客様が毎回おはなしと共に楽しみにされている今日のお菓子は今日の日のために作られた栃餅おはなしのなかに、登場する栃の団子 はんぐはぐ^ ^すっこんすっここのお重箱を開けると、。、ジャーーーン!すごい!トータルコディネート!!こりゃ、朗読頑張らねば、、、たらり(汗)まもなく、はじまります。………鹿踊りのはじまり上演中(いつもながら、、、朗読中の写真が、、、一枚も撮れずでした、、、)…………なんてかわいい(私の主観)おはなしなんでしょう。どっぷり、鹿の仲間になった気持ちで朗読しました^ ^朗読とお茶会のあとは、サプライズコーナーゲストの方のミニコンサートです。ライアーのいよべ先生のミニコンサートもキンダーライアー体験コーナーも、とてもよかったです。ドイツのハープ、ライアーはとても優しい音色。なんでこんな優しいのか、教えてくださいました。それは、今からおよそ100年前ドイツの学校の先生がちょっと音に敏感な子供達のために、ピアノよりもさらに優しい音色で音楽を伝えようと思って作られた楽器なんですって。音楽療法的な視点で開発されたライアーは、今では日本でも、趣味でその音色に楽しみながらこころ癒される方が、増えているとか、、、。初めて聞くおはなしや音初めて得る知識初めて食べる味初めて出会う人初めて触ってみた楽器五感に働きかけるいろいろなことがこの空間の中であり来てくださった方、もちろん自分も楽しく過ごしました(о´∀`о)主催の石川さん聴き手のみなさんお手伝いしてくださったみなさんいつも本当にありがとうございます^ ^(好評につき、来年ももう企てておりまーす!) …